• 略歴

    1979年、東京都千代田区出身。外資マーケティング会社勤務を経て、2007年、株式会社オムニバーサルを設立し、代表取締役に就任する。農産物輸出及び食品安全コンサルティング事業を中心に行い、主な実績として、EU・中東・ロシアの食品輸出市場開拓や、対アジアを中心とするフードチェーンの構築、一次産品における食品安全国際規格の産地導入や、福島第一原子力発電所事故に伴う放射能汚染対策の実施などがある。

     

    また、2010年より2年間、経済産業省認可法人日本農産物輸出組合の常務理事を務め、再建業務を主導、農産物輸出市場の構築に寄与する。2011年にはGFSIと呼ばれる民間による世界最大の国際食品安全組織のサミットでスピーカーを務め、原発問題発生後初めて、一次産品の食品輸出に関する日本の取り組みを発表した。2015年には、ネパールにおける農業開発プラットフォーム"Setuca & the Development"を立ち上げた。

    2002年、明治大学法学部卒業。2004年、ニューヨーク大学SCPS大学院付属国際関係センター研究員過程修了。

  • Pray for Nepal

    A 7.8-magnitude quake struck Nepal on Saturday April 25, 2015, flattening large parts of the capital Kathmandu and causing devastation across the impoverished Himalayan nation. Regarding this tragedy, I would like to show my sincere condolences to all those who are affected by this disaster and be with them even if it is a long way for back.